利用シーンに適した素材を選ぶ

名刺素材イメージ

名刺の制作を専門の業者に依頼した場合に、用紙の種類の選択に「マット紙」と「コート紙」のいずれかを選択する必要がある場合があります。

実際に、マット紙やコート紙の違いを知っている場合でないと、どのように紙質が異なるのかが分からないと思います。

【名刺交換マナー|SPEED名刺館】

名刺の渡し方等名刺交換で失敗しないための簡単なマナーをまとめてみました。

マット紙とは、用紙の中でも光沢がないタイプの用紙のことを言います。
マット紙の中には紙の表面に艶を消すためのコーティングが施されているものもありますが、名刺に利用するには感触が良いとされている紙質になります。

これに対して、コート紙とは紙の表面に光沢がでるような加工をされているもののことをいい、チラシなどでもあるように表面に輝きがでるような加工がされてある紙質のことを言います。

この二つ以外にも、上質紙を使用したものや和紙を使用したものなど、紙を利用した名刺には非常に多くのバリエーションがあります。

特に、和紙を使用したものは高級名刺として、企業の役員や代表者などでも使用している方も多く、重要な取引先との交換などにも積極的に活用されています。

紙以外の素材として人気のあるものでは、プラスチック製の名刺がありますが、これはビジネス用途というよりはプライベートでの名刺交換において個性を演出するために活用されたり、飲食店などのショップカードに多く採用されている素材になります。

これらの事例からもわかるように、使用される素材には多くあり、その中心的な紙の紙質も豊富にあります。
その中から、自分の利用シーンに最も適した素材を選択することができるようになっています。

ページの先頭へ