コミュニケーションの拡充

コミュニケーションイメージ

今では、ビジネス目的での名刺交換以外にも、プライベートでインターネット上で知り合った人同士が集まるオフ会や友達同士でも名刺交換をする場合があります。

そのような目的で名刺交換をするときには自分の連絡先に加えてTwitterのIDなどを情報の一つとして掲載するケースも多くあります。

【作れる!簡単名刺 横型 モノクロ|SPEED名刺館】

専用ソフトや面倒なソフトのダウンロードもなし!WEB上で簡単に一般的な形でもある横型モノクロ名刺が作成&確認ができる「作れる!簡単 名刺」が好評発売中です。

これは、企業が社員一人ひとりの名刺に企業名で取得したIDを掲載する場合にもいえることですが、商標権の侵害にあたらないかどうか?という点が気になる場合があります。

Twitterはもともと個人での利用を前提としているものであり、営利を目的とした活動を前提としていないので、規約違反になってしまうのではないか?という点も気になるところです。

しかし、実際には名刺の一部にIDとロゴマークを併記することは、自らのIDを宣伝しているだけ、ととらえられるようで、Twitterの会社と関係のある企業と誤認させるようなものや、ロゴマークだけ掲載するようなものでなければ、ほとんどの場合において問題にはなっていないようです。

Twitterは、ビジネスにおいてもプライベートにおいても無くてはならない存在になってきていますが、コミュニケーションの一つとして使用される名刺にIDとロゴマークを記載することには大きな問題はないようです。

もちろん、運営会社の権利を侵害するような表示は認められませんが、コミュニケーションの拡充のために利用することは大いにすすめられることでしょう。

ページの先頭へ